Tag Archives: 解決策

 

定年まで続けるためには

システムエンジニアは企業の根幹にかかわるソフトウェアを開発する職業であり、常に最新の技術に触れることができるため、やりがいが大きいと仕事であると言えます。
一方でクライアントとの打ち合わせを慎重に行わなければならず、学生のように新技術について勉強しなければならないため、定年を迎える前に仕事を辞めたいと考える人がいることも事実です。

たとえば、ソフトウェアを作り直すには非常に大きな手間がかかりますから、コードを書く前の設計段階でクライアントの要望を詳しく聞かなければなりません。文章だけではなくイメージも含めて設計書を作る必要がありますが、人付き合いが苦手なシステムエンジニアの場合は、クライアントとの交渉を行うだけでも心理的な重圧となります。
さらに、数年前の常識が通用しなくなるほど技術革新が早いため、休み時間や自宅でも学習しなければなりません。
仕事を辞めたいと思って実際に退職してしまう人も多く、平成27年時点の平均年齢は38歳です。実際はほかの業種と変わらない60歳であるにもかかわらず、40歳が定年だと誤解されることもあります。
十人十色というように理由は人それぞれであり、様々な仕事を辞めたい理由があります。

では、システムエンジニアを辞めたい人が定年まで仕事を続けるには、どうすれば良いのでしょうか。大切なことは、自分が社会を支えるソフトウェアを作っているという自信を持ち、社会にとって欠かせない存在だと考えることではないでしょうか。書籍による学習は好奇心を持って行い、他人よりも早く新技術を知ることができるチャンスだと捉えましょう。
孤独感を覚えないことが重要ですから、メールや電話で友人に相談することも有効です。